コウモリ駆除は駆除会社に相談が安全で確実

男性

ロックオンされると大変

家

住宅街を飛び回る姿をよく見かける蝙蝠。感染症を媒介する蚊やユスリカ、ゴキブリなどの虫を食べることから益獣とされています。そのため、家に住み着かれて被害を被っても、個人による捕獲や殺処分は法律で禁止されています。コウモリ駆除は駆除会社へ相談することがオススメです。蝙蝠は暖かい環境や餌場が近い安全な環境を好みます。ゴキブリや蚊、汚水から発生したユスリカなど食料となる虫が多い都市部を住み家にしている蝙蝠も増えています。都市部の依頼では、家の天井裏や、壁やシャッターの隙間に居着いてトラブルになり、コウモリ駆除依頼をするケースがほとんどです。蝙蝠は一度住み家と定めると、しつこく居着きます。一度追い払っても、数日の様子見をして安全だと判断された場合にまた戻ってきます。そのため、獣害の中でも再発の多い問題になっています。再発させないためにもコウモリ駆除は、的確な駆除を行なうことが重要です。また、コウモリ駆除の会社では、再発防止の保証をしている所もあるので結果的にお得な金額で駆除をしてもらうことができます。個人でできる駆除では、何度も追い払うことにより、人間の行動を学習されてしまう場合があります。何度も繰り返し再発してしまい、気がついたら100匹以上の蝙蝠が家に居着いていたケースもあるそうです。適切な処置を行なって駆除をして、再発を予防することが、今後被害で悩まされないためにも行なうべきことでしょう。

住み家では糞害が発生

女性

蝙蝠の住み家となると、糞害に悩まされます。糞には有害な菌もいるため、早めのコウモリ駆除を依頼するほうが確実です。蝙蝠の繁殖力は高く、自力で追い払っても、増殖して戻ってくることもあります。

View Detail

繁殖期前が勝負

作業者

コウモリ駆除は繁殖期前に行なうことが重要です。住み家の確定をされる前に、早めに対策を行ないましょう。群れの規模によっては200頭もの蝙蝠が家を住み家にしてしまう恐れがあります。

View Detail

駆除方法を考える

スプレー

コウモリ駆除は臭いと煙が効果的です。しかし、利用する場合は家の状態や利用場所から方法を検討する必要があります。修繕や対策を考えると、駆除会社に依頼する方がコストが抑えられる可能性もあります。

View Detail