コウモリ駆除は駆除会社に相談が安全で確実

作業者

繁殖期前が勝負

作業者

蝙蝠は繁殖力がかなり高く、効率的にコウモリ駆除を実施しないと膨大な数に増える恐れがあります。100匹ものアブラコウモリが住宅地を住み家としているケースもあったほどです。まず蝙蝠は春に出産をします。その時、一回に最大4匹の子どもを産みます。それから30日ほど経てば、親や仲間と一緒に飛べるようになります。生まれて3ヶ月程度で交尾を行ない、夏になるころには受精妊娠します。冬の間は冬眠するので、交尾の後、精子は卵子と結合せずにメスの体内で眠っていることになります。また7月頃には数匹のコウモリが出産されるため、コウモリ駆除は早めの対策が何よりも大事です。蝙蝠の群れは、平均50頭から60頭程度になります。しかし出産を迎える夏頃には200頭もの大軍勢になっていることもあります。アブラコウモリは他のものに比べると短命ですが、その分繁殖力が高く、数が多い傾向にあります。アブラコウモリの寿命は長くて、3年から5年程度です。死骸が屋根裏や壁で腐敗を始める恐れもあるので、姿や糞を見つけたらコウモリ駆除を検討する必要があります。繁殖期には住み家が定着してしまい、追い出すのが難しくなります。そのため、コウモリ駆除はこの繁殖期を迎える前に勝負をかけることが重要なのです。200頭まで増えてしまった場合は個人の手には終えません。そうなる前に、対策をすることが蝙蝠と人間、お互いのためになるのです。アブラコウモリは可愛い顔をしていますが、「可哀相」で飼えるほど手軽な生き物ではないのできちんと見極めましょう。