コウモリ駆除は駆除会社に相談が安全で確実

作業者

住み家では糞害が発生

女性

コウモリ駆除依頼が多い案件としては、家が住み家としてロックオンされてしまったケースです。まず蝙蝠は、天敵の鳥やヘビに見つからない高い場所や隙間を住み家に選びます。住宅街や都市部に生息している場合は屋根裏、普段は開閉しないシャッターや雨戸、倉庫やビルの中を住み家として選ぶことが多いです。体がとても小さいので、天井裏や隙間、壁、屋根瓦の隙間部分に巣を作ることもあります。また、巣とは別にトイレを決める生き物です。そのため、トイレにされた雨樋や窓のサンへの糞害で困り、コウモリ駆除を依頼するケースも多いようです。蝙蝠のトイレに認定されると、その場所は掃除をしても次の日にはまた大量の糞が溜まっている状態になります。一定の場所で糞が確認されることや、米2粒分程度のサイズで細長い糞が見つかるようなら蝙蝠による糞害と考えられます。糞にはカビ菌が多く存在しています。乾燥して空気中に飛び、人の肺で感染症を引き起こすこともあります。糞害で蝙蝠による獣害に気づき、コウモリ駆除を自力で行なおうとする人も多くいます。忌避スプレーなどの市販のコウモリ駆除アイテムは一時的に遠ざけます。しかし、蝙蝠は賢く、数日の間の状況から「戻ってきても問題がない」と判断を下します。こうなると、いくら追い払っても住み家として数日の内に帰ってきてしまいます。繁殖力も高いので瞬く間に増えますから、「追い払ったら、倍に増えて戻ってきた」ということもあります。そのため、プロの専門業者に駆除を依頼することが大切だといえるのです。